上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.08 8日の回顧
京都
3R シンゼンオウジ 1着
2番手からの押し切り。
4角で手応えが怪しくなったけどどうにか。
昇級してからはちょっと時間がかかりそうかな。

9R ウィズディクタット 5着
芝では足が遅いってのはわかってたんだけどさ…
まあ、こんなもんですかね。今日は外がよく伸びる。

小倉
4R ニシノラブキング 2着
これは上手いこと乗ってくれたので納得。よく前々で捌いたと思う。
それにしても勝った馬は人気なかったね。

10R マッキーコバルト 4着
不満なのはこれかな。
せっかくゲートを決めたのに慎重になりすぎたというか、消極的な競馬。
あの展開なら3番手で運んで欲しかったし、それができた競馬だったように思うのだけどね。
2008.10.26 26日の回顧
東京
4R クンダリーニ 4着
平地もうそうなんだけど、追ってから案外の馬なので、中団からだと苦しいね。
それに序盤の飛越が不安定。

6R ボランタス 1着
派手さは無かったけど強い内容だったと思う。
2100Mは合っているね。

7R ウィズディクタット 1着
これは大変失礼しました。鞍上のファインプレーに助けられました。
東京だとペース的にも前々で運びやすいんだろうなあ。それにしても見事。


10R ビッグポパイ 着外
前走がああいう競馬だっただけに仕方ない敗戦。
逃げるにしてもダッシュで負けてるしね。


京都
11R
オウケンブルースリはやっぱり強かった。前走もそう乗れよと言いたいところだが、まあ仕方ない。
しかし、雨だとろくなことがないな。こんなの買えねえ。

12R タガノマーシャル 3着
増えてたね。
上がりが速いのは良くないのかな?今後、注意深く見守りたい。

福島
11R ルルパンブルー 着外
単純なスピード不足なのかな?
ゲート云々より追走で手一杯だった。
2008.10.19 19日の回顧
時間があるのでひさびさに。

東京
6R ヴァルドルフ 着外
ペースが随分遅かったね。
内でゴチャゴチャして不完全燃焼。

10R モルトグランデ 2着
ゲートが決まらなかったわりに頑張っている。

11R ニシノマナムスメ  カワカミプリンセス
カワカミは少し緩い仕上がりではあった。
マナムスメは狭いところに入ってしまったのもあるけど物足りない感じ。

京都
7R ベルクハイル 2着
やや太い。
勝てたレースだったと思うんだがなあ。位置取りはよかったんだけど、抜けるのが早かった。
最後まで食い下がっているし、止まってはいないだけに。

10R サウスティーダ 着外
あれでだめなら仕方ない。
ピークを過ぎたね。

11R リトルアマポーラ 着外
コースどりの差。
内を捌く余地が無かったね。せめてゲートを決めて、中団なら結果は違ったんだろうけど。
外からよく伸びてるだけになあ。こういう競馬しかできんコンビだねえ。
2008.09.21 こわいねえ…
吉田隼騎手と柴山騎手はかなり危険な落ち方をしただけに心配だ。吉田隼騎手はフジヤマと接触しているように見えるし、柴山騎手の落ち方はいきなり後ろに放りされたような格好。
先日、競輪の内田慶選手が落車で死亡するということがあっただけに、大事にならないことを祈るのみ。

しっかし、張り切って参加した両重賞。かすりもしなかった。セントライト記念はヒモヒモヒモだったが、かえってタチが悪い。
よく考えたら、今年の3歳の重賞を当てた記憶がない。共同通信杯だけだ。
それにしても両重賞、共に終わってみて「やっぱりレベルが低い」という感想。どの馬も差がないので、予想が難しいね。こういうのを当てると嬉しいんだけどな…
セントライト記念はダイワワイルドボア。持久力が強みの同馬には雨馬場で時計がかかったのが良かった。北村宏騎手も実に落ち着いて実績馬2頭を4角で見送り、直線に賭けた。
マイネルチャールズは松岡騎手が本番に残して置けばよかったんじゃないかというくらい、うまいこと内に潜り込んでロスなく乗られた。それだけに勝ちきれないあたりが古馬にあっさり返り討ちにあった、同馬の実力なのだ。それでも、このメンバー相手ではやはり崩れなかった。
ノットアローンは蛯名騎手の相性がいいのか、安定して力を出せるようになってきた。
ナリタダイコクはもうちょっとどうにかならんかったかな。枠が内すぎたか、動きたい時に動けなかったし、落馬の影響も多少あった。
ロードニュースターは全く運が無い。完全に落馬の影響で不利を受けてしまい競馬に参加できなかった。

・ローズS
受けて立つ立場と挑戦者というので差が出たレジネッタの仕掛け。良馬場ならあれで勝てたのかもしれないが。
牝馬に関しては上がり馬すら出てこなかったな。
2008.08.24 札幌記念
いいレースだった。函館記念もよかったけど、札幌記念も好レースだったと思う。
マツリダゴッホ強かったねえ。早仕掛けと言えば、早仕掛けだけど実績を考えれば、あのレース運びも仕方ないと思う。4角で完全に出切って、直線あそこまで頑張れる馬ってなかなかいない。堂々たる2着で、さすがという印象。
タスカータソルテは馬場が違うだけで別馬。マツリダゴッホという目標があったからこその競馬ではあるけど、ノリやっぱ魅せるなと。レース後の喜びっぷりは「中央のG?勝ってからやれ」とは思ったが(苦笑)
フィールドベアーはやはり決め手がない。前からでも後ろからでも、何かやられてしまう。だが、上がり馬としての存在感。札幌記念は実績馬と上がり馬の激突すべきレースだと考える僕としては、素晴らしい脇役だったように思う。上がりがかかるレースなら、もう少し前と差が詰まったかも。
アドマイヤタイトルは思った以上に仕上がっていた。この距離と馬場を考えればよくやっている。
メイショウレガーロは完全燃焼の1戦。それに離されたマイネルチャールズが今年の3歳馬の実力だと思う。ディープスカイ以外は500万下に毛が生えた程度のレベルであり、成長分があってもせいぜい1000万下〜準オープン。あのレース運びでメイショウレガーロを捕えられないのは格がない。
ということはどういうことか。オウケンブルースリの出番。阿賀野川特別強かった。追える騎手が合うのかね。それにしても想像以上の脚。空間歪んでた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。